2008-02-26

レースは人生の縮図,映画「OVERCOMING」


OVERCOMING -ツール・ド・フランス 激闘の真実-


2004年のツール・ド・フランスで,デンマークのCSCチームに密着したドキュメント映画です。凄い内容でした!

レースの最中にいろんなことが起こります。レーサー仲間が薬物乱用で亡くなったり,母親がガンであることを知らされたり。それでもレースは続いていく。

何というか,ツールに出場するような自転車レーサーはすごく凝縮した時間を生きている特殊な人間たちだと思います。23日間のレースの間に普通の人が人生で経験するさまざまなことを同時に受け止めなきゃならない。それは谷底に落っこちるような最悪の出来事だったり,自分ではどうにもできないやるせない出来事だったりします。
でもだからこそ,レースの勝利は最高の光を輝かせる。

ちなみにツールのTV視聴者は20億人だそうです。地球上にいる人類の3分の1が見ている計算!

人生を考える上でとても良い映画でした。おすすめです!

2 件のコメント:

Laiz さんのコメント...

お疲れ様です、Laizです。

ツールに出てる人、ほんと化け物だよね(笑
あの長距離を・・・それも一か月近く。

うお、自転車乗りたくなってきたぁ!

おうさ、暇見つけて(一生懸命)deltam家まで行きますか~♪

deltam さんのコメント...

> Laiz

自転車好きには,この映画は本当にお勧めだよ。

俺も早く自転車が欲しくなってきた!